占い師を通して自分自身の人生を好転させる

人生には様々な出来事があります。それは小さなことから大きなことまで色々な事が起こるのです。それはある意味、自分の意思や力とは関係の無い所で、必然的に起こる出来事といっても過言ではありません。良いことばかりではなく、悪いことや自分にとって、とてもショックな事も起こります。そのような時に人はこれからどのような人生になるのかといった将来に対する漠然とした不安などを感じることもあります。そのような人生で不安な時に人々が頼りにする事の一つが【占い】です。占いは色々な歴史がありますが、古代中国やヨーロッパなどの外国から入ってきたものもありますし、日本古来から伝わるような占いもあります。それぞれ種類は違いますが、共通点を言えば、どの占いも人生が少しでも前向きにポジティブになるように働きかけをするものということです。それぞれの占いに携わっている【占い師】と呼ばれる人達も、人々を不幸に陥れるのではなく、少しでも幸せな人生を送ってほしいという願いと、その人生を歩む為にどのようなことをしていけばよいのかなどの具体的な指針を示す役割を担っています。

占いを経験したことの無い人達にとって、自分の未来や過去をそのような抽象的なものから、言われたり、アドバイスを受けるのはとても不安なことであったり、恐怖の対象になるかもしれません。しかし、占い師のアドバイスを信じることで、今の自分自身の悪い所や直すべき部分、どのような気持ちで困難や逆境に立ち向かえば良いのかなどの具体的なアドバイスを受けることができる良いチャンスでもあるのです。占い師の言うことをすべて信じる必要はありませんし、占いの結果を真に受けて、一喜一憂する必要はないのです。ただ、アドバイスの中で、自分に取り入れると良いと思う部分や今の苦しい状況や問題が解決できるかもしれないと思われる部分については、素直に従い実践すれば良いのです。そうすることで、自分自身の悩みや不安やネガティブな問題が解決して、前向きな人生を送ることができるかもしれません。

PAK56_harunokimochi500

占い師の仕事はそのようにすがる気持ちで相談にきたお客様へ、人生の指針を少しアドバイスしたり、前向きな幸せな時間を過ごすヒントを与えることなのです。だましたり、洗脳したり、そのような行為をする人がいるとすれば、それは占い師の姿ではありません。占いは、人生のアドバイスや助言をする為の手段にすぎませんし、相談者の人生の手助けをすることが役割です。